インプラント治療のことは西宮市 甲子園の和手歯科


予防歯科:笑顔に自信はありますか?


 
スポーツマウスガードは歯や顎・口腔内を保護するもので、マウスガード・マウスプロテクターとも言います。
スポーツマウスガードを装着することにより顎や顎関節への衝撃をやわらげ、歯や口腔内の裂傷などの怪我を防止します。
スポーツマウスガードはスポーツ用品店などでも入手可能で、安価で調整可能なものもありますが、
その反面フィット感が悪く口を開くと外れてしまう・呼吸しづらい・話づらいなどの難点もあるようです。
オーダーメイドのスポーツマウスガードは、市販のタイプに比べ10倍以上の保護能力を発揮します。
スポーツにおけるスポーツマウスガードの重要性が世界的に注目されています。


PMTC(プロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニング)

スポーツマウスガードは歯や顎・口腔内を保護するもので、マウスガード・マウスプロテクターとも言います。
スポーツマウスガードを装着することにより顎や顎関節への衝撃をやわらげ、歯や口腔内の裂傷などの怪我を
防止します。
予測のできない大きな衝撃力が、顔面にかかってきたときに、
マウスガードを装着していると・・・
 
歯牙自体の保護です
歯牙自体の破折、脱臼、そして、脱離(歯が抜けること)が起こってくることがあります。 特に、前歯部の破折事故は
多いです。
 
口腔軟組織の保護
歯牙自体が凶器となるため、口腔軟組織(唇、頬、舌など)を傷つけたり、口腔軟組織にめり込んだりすることが
考えられます。
 
下顎骨の骨折、特に下顎頭は介達骨折を起こす可能性があります
下顎に衝撃力が加わり、その衝撃力が下顎骨の1番細い関節部に到達して骨折を起こすことです。
これらのことは、マウスガードを装着したからといって、完全に防げることはできませんが、予測できない衝撃力を少しでも緩衝することにより大きな事故につながらない助けになるものと考えております。



PMTC(プロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニング)

マウスガード制作の流れ
1. 上顎の歯型を採ります。(マウスガードは上顎に装着します)
  ①石膏模型を作製 
  ②EVA(エポキシビニル酢酸)にて、吸引法で作製

2. 口腔内に装着し、大きさ、違和感、疼痛などの有無を調べて、調整します。

3. 噛み合わせの調整 ゆっくりと噛み込んでいくとマウスガードに下顎の歯牙が、先にあたるところを見つけ出し、
  その先にあたっている場所を削って、均一になるように調整していきます。

これで、マウスガードの完成です。 歯型を採ってから、完成までおおよそ1週間でできあがります。
 
【マウスガード使用上の注意】

1. 練習で、試用して、マウスガードに慣れて下さい。試用なしに、急に試合などで使用しないで下さい。

2. マウスガードを歯でくわえたりして、傷をつけるようなことはしないで下さい。
  小さな傷が徐々に大きくなっていく可能性があります。

3. 使用後は、冷水よく洗って(マウスガードは熱に弱いため、熱湯などにあたると変形する可能性があります。)
  歯ブラシなどで磨いてください。
  【ご注意】
   歯みがき剤はマウスガードに傷をつける恐れがありますので使用しないで下さい

4. 保存は、保管用容器に乾燥状態にして下さい。長期に、水中や湿った状態でいるとカビなどが発生する
  可能性があります、また、長期に乾燥状態で使用しないと、変形する可能性があります。