インプラント治療のことは西宮市 甲子園の和手歯科


予防歯科:笑顔に自信はありますか?

和手歯科では、歯科用CTスキャンを導入しました。
患者様の症状に対して、今までより確実性の高い診断や治療が可能になります。

従来のレントゲン画像は、一方向からの撮影しか出来ませんでした。
歯科用CTを用いることで、歯や顎の骨を三次元的に画像化することで立体的に捉えることができるようになり、従来の二次元的レントゲン画像では重なってしまってはっきりと見ることができなかった部分も、見分けることができます。
また、顎の骨の厚みや細部も立体的に捉えることもできます。そのため従来のレントゲン画像では分からなかった病巣や歯・骨の状態などを様々な角度から見ることができ、より多くの詳細な情報をもとに、より正確な診断を行うことが可能になりました。


歯科用CTを用いた検査は、保険の診療においても難しい親知らずの抜歯や歯の根の治療(根管治療)、歯周病の治療、顎関節症などの診断などでも大変役に立ちます。
特に安全性と正確性が求められるインプラントの治療では、術前に歯科用CTによる三次元的診断を行うことで、インプラントを埋入する場所の骨の高さや厚み、神経や血管が通っている下顎管までの距離、上顎洞の位置などを精密に診断することが出来、より安全・確実な治療計画を立てることが可能になりました。
患者様には立体的なイメージで口腔内の画像をお見せすることで、ご自分のお口の中の状況を理解していだくことが容易になったのではないかと思います。




歯科用CTは顎と顔面の領域の撮影に特化しておりますので、医科用CTと比較しても放射線量が少なく、かつデジタル化しておりますので、 安全性の高い装置として安心してご利用いただけます。

1.デジタル化による従来のレントゲン装置からの被ばく量の軽減
2.現像の高速化による審査診断のスピードアップ
3.フィルムと異なり、コンピューターにより診断箇所の拡大が可能なことによる診断精度の向上
4.撮影データをコンピューターに保存する事により前回撮影時との状態比較が容易といったメリットがあります。