インプラント治療のことは西宮市 甲子園の和手歯科


社団法人 日本歯科先端技術研究所の指導医、認定医で、昭和55年から導入して約30年の実績があります。インプラント手術に関しては条件に適応するかどうかが成功する重要なポイントであり、適確な診断が必要です。 インプラントの手術方法においては、確立されたマニュアルが出来ており、問題はありませんが、どの部位にどんなインプラントをどのように埋入するのかという診断が決め手です。また、インプラント手術中は全身管理のため、モニターを使用しています。
 
インプラントとは天然歯根の代用となる人工歯根のことでインプラント治療とは、歯が抜けた場合、抜けた箇所にインプラントを埋め込み顎の骨と結合したあと、その上に人工の歯を固定させる治療方法です。顎の骨にインプラントがしっかりと固定されていますので自分の歯と同じように噛むことができますし、見た目も自然で気にならないのがインプラントの特徴です。


従来の治療法とインプラント治療の違い:西宮市 甲子園の和手歯科


インプラント治療の流れ:西宮市 甲子園の和手歯科
インプラント治療の流れ:西宮市 甲子園の和手歯科
インプラント治療の流れ:西宮市 甲子園の和手歯科
インプラント治療の流れ:西宮市 甲子園の和手歯科