インプラント治療のことは西宮市 甲子園の和手歯科





矯正歯科(歯並びが身体に与える影響):西宮市 甲子園の

歯並びがよいということが、その人を美しく見せてくれるばかりか、さらに心身の健康を確保し、支えてくれます。歯並びが悪いと、そればかり気にして、精神的・心因的ストレスがたまってしまい、病に犯されることもあります。人前で口を開けて笑ったことがないという人もいます。
歯の噛み合わせが悪いと歯周病の原因になることはもちろんのこと、胃腸障害、肩こり、時には偏頭痛の原因にもなります。また、耳の前方部の顎関節より音がしたり時には、痛くなるなど、歯並びが悪いために起こる障害は、想像以上の物ものがあります。成長期のお子様にとってはアゴの骨の発育にも悪影響を及ぼし、身体の発育にも大きく影響します。
矯正治療がこれらの問題を一つ一つ解決し、あなたの美と健康をサポートします。




矯正は「子供時代にするもの」といわれていましたが、最近では大人でも矯正をされる方が増えてきています。
大人の方で、いつから矯正を始めればよいのかとのご質問がよくありますが、「あなたが矯正をしようと思ったとき」がベストといえるでしょう。

特に年齢を重ねてきますと、次第に前歯が前方に出てくるいわゆる「出っ歯」という状態になってくる事があります。
これは見かけの障害だけでなく、発音や食事をする時の障害にもなってきます。
この様な成人特有の症状にも矯正治療は非常に有効です。矯正治療により、若かった時のきれいな歯並びを取り戻しませんか。

矯正治療はただ単に歯並びをきれいにするだけではありません。
和手歯科では、矯正専門医とかみ合わせ認定医の両者が協力して患者さん個人個人のかみ合わせや力のバランスなどを考慮しながら矯正治療を行っていきます。

和手歯科では一般治療も行っておりますので虫歯治療や歯のクリーニング等も同時に行いながら、トータルで治療を受けていただくことができます。



歯の噛み合わせが上下逆になっている状態のことを、一般的に『受け口(下顎前突・かがくぜんとつ)』といいます。 正しい噛み合わせとは、上の歯が下の歯の上に被さる状態で、表に見えるのは上の歯になります。ところが、下顎の骨が発達し過ぎて前に突き出てくると、上下の歯の噛み合わせが逆になり、下の歯が上になってしまうのです。この状態を『受け口』といいます。 この症状は、下顎が大きすぎる、または上顎が小さすぎるために起こるため、物が噛みにくくなります。歯茎も下がりやすくなるため、歯肉炎や歯周病の原因になることも。また、顎の関節が痛くなるといったトラブルが起こる場合もあります。このほか、聞き取りにくい喋り方や、横を向くと顎がしゃくれているなどの、外見上の特徴もあります。


受け口の原因は、遺伝的要因(顎の形や大きさ)と機能(噛み合わせや筋肉のバランスなど)が複雑に影響しあっています。そのため、一つの原因に特定することは難しいといえるでしょう。 幼児期の指しゃぶりや口呼吸などの習癖、成長期の顎や歯の成長発育における不調和(アンバランス)が、顔の形(形態)や機能といった他の要素と組み合わされて、受け口(反対咬合)の状態を作っていると思われます。 たとえば、奥歯(臼歯部)に歯と顎の大きさの不調和(デスクレパンシー)があると、奥歯の高さ(高径)が高くなり、奥歯を支点にして下顎が前方へ押し出されます。そのため反対咬合になると言われています。 しかし、奥歯に叢生があるからといって、必ずしも反対咬合になるわけではありません。
上顎の前方への発育が悪いなど、何らかの遺伝的要因が影響していると考えるべきでしょう。 乳歯の反対咬合は習慣的(機能的)なもので、永久歯になると自然治癒することもあります。したがって、成長期の子供の反対咬合の予防的な矯正治療は、前歯が永久歯に変わる時期に、上下の顎の成長に不調和(アンバランス)があるケースに対して行う方が良いと思われます。